レベルにあった学習  − 姿勢と考え方:学習の基本

 ■ 英語学習カフェ [HOME]
  1 学習の基本
   1-1 苦手意識の原因
   1-2 上達のメカニズム
   1-3 姿勢と考え方
   1-4 発音の要点
 2 学習法
   2-1 リスニング
   2-2 リーディング
   2-3 英会話
   2-4 語彙力強化
 3 教材
   3-1 TOEIC
   3-2 英会話
   3-3 リスニング
   3-4 語彙力強化
 4 表現集
   4-1 正しい英語表現
   4-2 ネイティブ英会話
   4-3 映画で英会話
   4-4 ドラマでビジネス英語
   4-5 映画でビジネス英語
   4-6 本気の英単語攻略
   4-6 ニュース英語
 5 留学体験記
   5-1 アメリカ大学留学
   5-2 おもしろ英語習得記
   5-3 アメリカ旅行記


 

1.学習の基本
                1-3 姿勢と考え方

 (4) レベルにあった学習

レベルにあった英語の学習は、「教材選び」と「学習方法」の二点について考える必要があります。

まず、教材選びについて。
英語の学習を継続し、結果を出していく上で、レベルにあった教材を選ぶのが重要であることに異論はないと思います。
日常会話のリスニングがままならない人が、いきなり英語のニュースを聞こうとするのは、かえって逆効果。

ニュース英語は、高校レベルの英語をマスターしていれば、十分に読んで理解することは可能です。
しかし、リスニングについては、まったく別の技能を必要とします。
まずは、簡単な英語のリスニング学習で、英語特有の発音や表現に慣れてからが無難です。

そして、学習方法。
最近、大量の英語を聞き流し、英語のシャワーを浴びるようにして、リスニングを上達させるプログラムが人気を呼んでいるようです。
ただ聞くだけなので、通勤電車の中や、出張先、寝る前、お風呂の中、など、場所を選ばず学習できます。
しかし、この方法は、誰にでも効果があるとは思えません。

聞き流しによる学習だけで効果があるのは、日常会話であればほぼ聴き取れる、中級レベル以上の人だと思います。

入門レベル、初級レベルの人には、難易度の低い教材を使ったとしても、聞き流しだけでは効果は薄いと思います。
聞き流しのようなリスニング学習を、一般に多聴トレーニングと言いますが、入門レベル・初級レベルの方は精聴による学習を多くやっておく必要があります。
精聴による学習とは、一つひとつの英語表現を繰り返し聞いたり発音練習する学習方法です。
これによって、英語特有の発音や構文に慣れ、簡単な英語表現なら直解できるようになります。

聞き流し教材は、精聴トレーニングにも使えますので、是非、精聴と多聴を併用してください。

初心者は精聴にたくさん時間を割き、上級者になるにつれ、多聴の比率を増やすのが効果的で自然なトレーニングです。
リスニングのトレーニングには、レベルにあった教材を選ぶとともに、トレーニングについても、適切な方法を選びましょう。

精聴と多聴に関する具体的な解説は、「英語学習法」をご覧ください。

  


1-3 姿勢と考え方
 (1)目標と忍耐 / (2)モチベーションの継続 / (3)テーマを限定 / (4)レベルにあった学習
 (5)身の回りの教材 / (6)概要を把握する / (7)短期集中学習の効果(英語漬け)
 (8)リスニング上達の壁 / (9)反復練習の罠

Copyright all reserved since 2007.06.02